沼津市八幡町144  TEL055-951-3671
定休日/水曜日
Pあり
営業時間/11:00〜19:00

Hobby:File 002_2006.1

実は数年前から中国はマイブーム。きっかけはアジアの名監督チャン・イーモウの作品を見てから…。「HERO」や「初恋のきた道」といえばピンとくる人も多いはず。さて中国といえばお茶が美味しいことで有名。皆さん中国茶というと福建省の烏龍茶を思い浮かべませんか?私も中国茶というと、横浜の中華街で飲むジャスミンティー・烏龍茶くらいしか知りませんでした。その後、私の中での中国茶のイメージは北京訪問で大きく変わることになるのですが…。
北京と聞いて皆さんは何を連想しますか?天安門、万里の長城、北京ダックあたりでしょうか。もちろん私もお決まりの観光スポットは押さえましたよ。でもその上で、さらにオススメなのが北京の街並を闊歩し、地元の茶館、茶葉専門店を発掘すること!王府井(ワンフーチン、日本でいう銀座)あたりの高級茶専門店もいいのですが、デパ地下の食品街が結構お得だったりして、量 り売りの中国茶、私かなりはまりました。 奥の深い中国茶。東京あたりではお洒落な専門店がちらほらありますが、手近な所ではなかなか見つからず…。そんな中、私の中国熱を満たしてくれるお店、やっと沼津に見つけました。それはアーケード街の裏手にある中国茶専門店「茶舎」さん。店内に一歩入るとオーナーさんが大陸で買い集めた可愛らしい茶器、雑貨、そしてアンティークな家具が配置され、そこはまさに異空間。二胡の穏やかなメロディーとお茶の甘い香りで、茶舎さんにいると中国の茶館にいるような錯覚が…。
さて中国茶の作法、これについてはオーナーさんの中国茶教室で習うとして、今回は茶舎さんに行ったら試して頂きたいお茶をご紹介します。まず台湾の最高級茶葉「木柵鉄観音」。烏龍茶が甘い蜜の香りがするの、皆さん御存知でしたか?中国茶は「まず香りを楽しみ、その後にお茶を味わう」というのが基本。私も先日オーナーさんに茶壷で木柵鉄観音をいれて頂いたのですが、バニラのように甘く、それでいて上品な香りに圧倒されました。もう少しフル-ティーなお茶がお好みな方、広州の銘茶「鳳凰たんそう」は如何ですか?こちらはジャスミンティーのような爽やかな香り、そして適度なお茶のコクが口一杯に広がりサッパリとした味わい。そしてお茶以上に大好きなのが楽しいお喋りを提供してくれるオーナーさん。留学経験があり、年に一度は大陸に仕入れに行くというオーナーさんは中国通 。オーナーさんお手製のシャオチー(軽食)をパクつきながら伺う中国話は楽しくて、ついつい長居してしまいますよ。
最後に、少しお疲れ気味の皆さん、茶舎さんでのんびりと癒されてみては如何でしょうか?
shop information
お試し茶400円〜
お粥セット(お粥・お茶・焼売・デザート付)850円
その他、中国茶教室等イベントあり