沼津市大手町4-8-1 TEL055-951-5170
定休日/日曜日 Pなし
営業時間/18:00〜朝3:00

FOOD:File 018_2006.2

韓国最北端に位 置する街、春川(チュンチョン)。「冬のソナタ」のユジン(チェ・ジウ)とチュンサン(ペ・ヨンジュン)が出会った街。そんなドラマチックな地、春川出身の姉妹がきりもりする韓国料理店のお話です。

ところで皆さん、韓流ブームも久しく続いていますが、お気に入りの韓流スターはいますか?もしくは病みつきの韓国料理はありますか?韓流マニアを自認する私。ソウルや日本のコリアンタウン大久保あたりはもちろん押さえ済み!東大門(=トンデモン、ナイトマーケットで有名な問屋街)駅周辺の靴専門街、そしてスタジアム近くのファッションビル(100軒以上のデザイナーズショップがひしめく。一日いても飽きない街、それが東大門)を散策するとさすがにお腹も減ってくる。そんな時食べるオモニ(お母さん)の家庭料理は身も心も温まります。そんな本物の「オモニの味」が満喫出来るのが大手町にある「アリランハウス」。お店に入るとチヂミを焼く香ばしいゴマ油の香りが。そして目の前にはキムチ専用冷蔵庫が。(韓国では一家に一台あるというアレです)店内に流れる韓国のCATVの映像が嫌が応にも私の韓国熱をくすぶります…。さて、春川は「タッカルビ(鶏の辛ミソ炒め)」発祥の地として有名なのですが、肉料理はまずおいといて、「アリランハウス」に行ったらオススメなのが徐(ソウ)姉妹お手製の「海鮮チヂミ」。皆さん韓流のチヂミの食べ方、知っていますか?先日、徐さんちで教わったのでさっそくご紹介します。まずキムチをチヂミの上にのせ、その回りを韓国海苔で包んで食べてみて下さい。海苔の香り、ピリ辛のキムチ、そしてモチモチの生地、その味、触感の調和は本場仕込みで「マシッセヨ!(美味しいです)」。オモニが漬けたハクサイキムチは隠し味にエビの塩辛が効いていて、辛さの中に旨味が広がる逸品です。そのキムチをトッピングすると旨さが又、倍増するのが「石焼ビビンバ」。特にオコゲはパリパリ感と、香ばしさがたまりません!オモニが目の前でビビンバを混ぜてくれて、その優しさにグッときますね…。
さてさて、最近ハードワークで疲れ気味の私。韓国のスタミナ料理「サムゲタン(丸ごとの鶏の中に朝鮮人参、クコの実、餅米等を詰めたもの)でも食べてもうひと頑張りしましょうか…。

shop information
海鮮チヂミ 1000円
海鮮チヂミセット(キムチ・韓国海苔付き) 1500円
石焼ビビンバ 1200円
サムゲタン 2500円
水冷麺 1000円
※その他、韓国料理、アルコール類多数あり。
キムチ・チヂミ等テイクアウトも可